• 会員登録
  • お問合せ

2021年3月

「ホームページを見た」とお伝えください

042-452-7734

営業時間 10:00~19:00
水曜日・年末年始

イエステーション西東京店の新着情報

純喫茶でいただく新感覚『くれ~ぷTAKA』

2021年3月29日

こんにちは!

西東京市内の「売りタイ!」「買いタイ!」専門の不動産

イエステーション西東京店です。

 

 

この街に住んでる方が、更に西東京市を好きに!

そして、より多くの方『西東京市に住んでみたい!』

と思っていただけるように

”西東京市”の魅力✨をお伝えしていきます!

 

 

今回は、保谷新道沿いにひっそりと佇む【くれ~ぷTAKA】さんをご紹介します。

クレープをベースに提供している喫茶店。

西武新宿線 西武柳沢駅から徒歩10分と駅からは少々離れます。

ひばりが丘で創業し、現在の店舗に移転してからは30年ほど営業している歴史ある名店。

店名の字体もとてもいい雰囲気を醸し出していますね。

ランチメニューは、1000円以下とリーズナブル!

クレープが主体というのもとても珍しく興味深いです。

早速中へ~

ご夫婦が営まれており、温かく迎えてくれます。

店内は、奥行きがあり広々。

重厚な椅子やテーブル、昔ながらの公衆電話があったり、アンティーク調の店内の雰囲気はジブリの世界のようです。

そして、公衆電話はオブジェなのかと思いきや、使用できるとの事。

実際、電話が鳴りご主人がコチラで受話器をとっていてびっくりしました。

カウンターに腰を掛けると、目の前にはカップ&ソーサ―の数々がズラーっと並んでいます。

素敵なコレクション達。

食後のコーヒーをお洒落なカップ&ソーサーで頂けます。

生花のカサブランカと、大きな水出しコーヒー器もとても素敵です。

水で抽出したコーヒーは、カフェインやタンニンなどのコーヒーの成分が溶け出しにくく、苦みが少なくさっぱりした口当たりのコーヒーになるそうです。

コーヒーに定評があるとの前情報もあり、とても拘ってらっしゃることがわかりました。

メニューも豊富。

パスタやオムライスもありましたが、クレープを味わえるメニューを!と思い

”ラザーニア タカ風” \990 を注文しました。

まず最初に、スープと春雨サラダ、トーストがやってきました。

こちらが ” ラザーニア タカ風 ”

自家製ミートソースとホワイトソース。

そして、ラビオリの代わりにクレープが!!

ソースの染みわたったモチっとしたクレープ生地の部分と、オーブンでカリっとした部分が楽しめます。

クレープの概念が覆される1品です。

トロトロのソースをパンに絡めていただくのも良しです◎

食後のデザートに自家製の日替わりケーキもついています。

本日は、フレッシュな苺を挟んだチョコレートケーキ。

990円で、デザートまで堪能できるのは嬉しいですね。

コーヒーも本当においしく、とても充実したランチタイムを送れました。

時間の流れがゆっくりしているようなとても心地よい空間です。

都会の謙遜から離れて一息入れるにはぴったりの場所です。

 

近所の方や、常連さんが店主や奥様とコミュニケーションをとっている場面も散見されとても微笑ましい光景でした。

 

 

純喫茶も人気が出て、心からくつろげるようなお店が少ないような気がします。

西東京市で、こういったお店があるのは有難いです。

デザートクレープも、よくある屋台のクレープ屋さんのワンハンドで頂くクレープとどう違うのか比較するべく、後日お休みの日にお伺いしました。

”マロンのクレープ”をいただきました。

ナイフとフォークでいただく上品なクレープ。

リボンのような見た目で可愛らしいですね。

よく食べているクレープとは、異なる新感覚のクレープです。

洋酒がほんのり香り、栗の風味も堪能。

ラザニアではわからなかった焼き目やクレープ生地のうまみも存分に楽しめました。

 

とても素敵な空間です。

西東京市、知れば知るほど隠れた名店が見つかります。

これからも素敵なお店をご紹介したいと思います♪

 

 


【くれ~ぷTAKA


■住所   西東京市保谷町6丁目19−19
■TEL    042-462-6272
■定休日  日曜日
■営業時間 10:30~21:00 

 



 

西東京のマンション情報は  → こちらへ

 

 Instagram  → @yestation_seibu

 

 

百年以上の伝統を継ぐ超老舗『坂平』のうなぎ

2021年3月21日

こんにちは!

西東京市内の「売りタイ!」「買いタイ!」専門の不動産

イエステーション西東京店です。

 

 

この街に住んでる方が、更に西東京市を好きに!

そして、より多くの方『西東京市に住んでみたい!』

と思っていただけるように

”西東京市”の魅力✨をお伝えしていきます!

 

 

今回は、田無の老舗鰻店【坂平】さんをご紹介します。

西武新宿線田無駅から徒歩5分。青梅街道に面してお店が立ち並ぶ中でひと際歴史を感じる店構えが「坂平」さん。

それもそのはず、”百年の伝統”という文字…!

文久元年の創業だそうで、なんと150年以上という事になります。

令和3年となった今でも、受け継がれる伝統の味…堪能せずにはいられません!

存在は知りつつも、鰻…頻繁には食べられませんからね~

昭和レトロな店内。テーブル3席、お座敷2席。

おばあちゃんの家のようなアットホームさで、とてもいい雰囲気です。

昼時にしては遅く、夕飯時にしては早めという時間のため、静かな店内でした。

壁にかけてあるメニューの雰囲気がとてもいいです。

うな重は2/3尾、特は1尾だそうで…

贅沢に、”うな重 特” と” 肝吸” をいただきました。

注文すると、芳ばしい良い匂いが店内にも立ち込めてきます。


たっぷりのタレで焼きあがっています。
このタレだけでも、ご飯が進みそう…(笑)

表面の焦げ目はパリッと、身はふっくら・しっとり。脂が尻尾までのっています。
タレは、甘すぎずしょっぱすぎず、どちらかというとサラッとしたテイストです。ご飯によく染み込みます。

お米は、岩手県産の”あきたこまち”ほんの少し水分多めで柔らかいです。(個人的には固め派ですが…笑)
うなぎ自体の味や風味・タレとお米の相性は抜群です!

満足度の高い!町の名店です。

食べ終わる頃には、常連さんと思われるお客さんがちらほら来店。

お持ち帰りの方もいらっしゃいました。

鰻はその日なくなり次第終了なので、土用の丑の日なんかは大賑わいなことでしょう。

 

また是非、日本酒に白焼きを堪能しつつ

締めにうな重なんて乙な事がしたいです^^

 

西東京市!侮れない名店の数々…

これからも素敵なお店をご紹介したいと思います。

 


【坂平


■住所   西東京市田無町2-4-7
■TEL    042-461-0034
■定休日  月曜日
■営業時間 11:30~20:00 (売り切れ次第終了)

 



 

西東京のマンション情報は  → こちらへ

 

 Instagram  → @yestation_seibu

 

行列のできるパン屋『みかづきベーカリー』

2021年3月13日

こんにちは!

西東京市内の「売りタイ!」「買いタイ!」専門の不動産

イエステーション西東京店です。

 

 

この街に住んでる方が、更に西東京市を好きに!

そして、より多くの方『西東京市に住んでみたい!』

と思っていただけるように

”西東京市”の魅力✨をお伝えしていきます!

 

 

今回は、東伏見駅南口に2月中旬にオープンした

毎週、金曜日と土曜日の2日間のみ営業のパン屋さん。

【みかづきベーカリーをご紹介します。

 

元々、武蔵野エリアを中心に予約・宅配の販売形態をなさっていた知る人ぞ知るパン屋さんで、待望の路面店という事もあり開店日は、長蛇の列!正午を回らないうちに完売!午後には閉店してしまう人気店です。

 

 

 

東伏見駅南口へ降りて、 東伏見稲荷の赤い鳥居をくぐり、東伏見稲荷参道を進むと、すぐ左手に見えてくる白いテント屋根の小さなお店。

 

 

 

移転された『ふしみだんご』さんの跡地です。

午後、はいつも閉店状態しかお目にかかれず、気になっていました。

 

 

そして、先週の土曜日、出勤前にチラッと除いたところ長蛇の列だったので断念。

 

そして今週!

金曜日、『平日だし、開店直後なら…』と開店くらいに伺うと…

油断していました…先週よりも、並んでいる!!!

 

並んでいるお客様方は、東伏見近辺にお住まいのママ友なのか会話が弾んでいました。

会話を聞いていると、リピーターのお客様も多いご様子。

道行く人達が、お知り合いなのか手を振る光景も。

地域のコミュニティがしっかり根付いているんだな~と感心です。

 

 

5分ほど並んでみましたが、売り切れのパン達も続々とでており…;;

『遅刻する!』と思いなくなく断念いたしました…

そんな中でも、列はどんどん伸びていく...恐るべし…”みかづきベーカリー” !!

 

 

そして翌日、土曜日。

ここまで人気ぶり…

断念すること2回…

西東京市内の「売りタイ!」「買いタイ!」専門の不動産としても徒歩5分圏内にできた新しいお店を見逃してはならない!1度は食べておかなくては!

若干躍起になりつつ(笑)

 

 

3度目の正直で、開店時間の15分前に行ってみる事にしました。

朝から雨という、あいにくのお天気ではありましたが、それでも5組ほどのお並びがありました。

凄い人気ぶりに圧巻です。

雨の為、お店の方のご配慮もあり、5分ほど早くお店がオープン。

皆さん、思い思いにパンを選んでいました。

 

 

とうとう、私の番に!

やっと、近くで開店しているところをお目見えできました!

小さな店内で、パンを丁寧に焼き上げているそうで、タイミングが良ければ焼き立てに巡り合えます!

ベーグルの種類がとっても豊富!

小窓から、注文してマイバッグを渡すと中に入れてくれるスタイル。

従業員の方々が、胸にお店のロゴであるベーグルのイラストが入ったロンTをユニフォームとして着用しており可愛かったです。

お客様、一人一人との受け答えや接客の時間が限られつつも店主の方は、とても丁寧な対応をなさっていて心温まるお店でした。

 

 

 

ここから購入したパンをご紹介^^

・ダブルチョコベーグル

・いちじくと胡桃ベーグル

 

弾力と噛み応えのあるベーグルは、オーブントースター少し温めていただきました。

外はカリっと、中はモチっと。

 

 

チョコは、トロッと中のチョコが溶けて美味しい。

いちじくと胡桃はワインにも合いそうです。

腹もちのいいベーグルは朝食にもいいですね。

 

ベーグルは、冷凍保存もできるので沢山買って冷凍しているお客様も多いのかもしれません。今度お伺いする際は、その目的でせっかくなので沢山買いたいです。

 

・ジャガイモベーコン

 

 

断面を見ていただくとお分かりの通り、具がぎっしり詰まっています。

この手のお総菜パンは、バターがたっぷりですぐお腹いっぱいになってしまう傾向にあると思いますが、そんなことは一切なく、パクパク食べれました。

お芋がホクホクで、ベーコンの塩味が程よいアクセントに。

 

 

・あんバター(四葉バター使用)

 

バターをたっぷり使用している贅沢な一品。

このフォルムを見ると手を出さずにはいられないですよね。

餡子も甘すぎず、バターとの相性抜群。

四葉バターの上品な味わいで、罪悪感をもつことなくペロリと食べてしまいました。

(カロリーはこの際考えません)

 

 

どれも、美味しくて噛めば噛むほどうまみが口の中に広がります。

厳選した国産小麦を使用なさっており、素材への拘りを感じます。

美味しいパン屋さんが、西東京市にあるのは誇らしいです!

更に、人気が広がりそう^^

 

西東京市の魅力アップです!

 

営業情報や、完売情報などはInstagramで随時更新して下さっているので

そちらをチェックがオススメです。

@mikazuki__bakery


【みかづきベーカリー


■住所   西東京市東伏見2-3-3
■定休日  日~木
■営業時間 9:30 ~ 売り切れまで



 

西東京のマンション情報は  → こちらへ

 

 Instagram  → @yestation_seibu

 

50年以上続く町中華『仲達』へ

2021年3月7日

こんにちは!

西東京市内の「売りタイ!」「買いタイ!」専門の不動産

イエステーション西東京店です。

 

 

この街に住んでる方が、更に西東京市を好きに!

そして、より多くの方『西東京市に住んでみたい!』

と思っていただけるように

”西東京市”の魅力✨をお伝えしていきます!

 

 

今回は、西東京市で50年以上続く中華料理店!

【仲達】(なかたつ)さん をご紹介いたします。

 

西武柳沢駅から徒歩8分。

田無駅から徒歩11分。

青梅街道沿いの西武線ガード下のほど近くにお店があります。

昭和のいわゆる“街中華”の典型的店構えとは違いシャープな外観です。

早速店内へ~

オープンキッチンとなっています。

なぜか三脚が!!! なんだかシュールです(笑)

写真に写っていませんが、この写真の左側にカウンター席が3席。

昼間ですが、若干暗めでムーディー…雰囲気のあるライトも相まってノスタルジックな店内です。

常連さんらしきご夫婦がお昼から、お酒を嗜んでました。

奥の小上がりは、円卓が!!!!

中華といえば!円卓のイメージですが頻繁にはお目にかかれないですよね。

また、お子様連れの方でも安心してお食事できそうです。

カウンターにほど近い、席へ案内されました。

箱ティッシュがバッチリ完備!お店の方の心使いを感じます。

辛い物や麺類をいただく中華料理屋では欠かせない存在。

そして、花粉症のこの時期にも!

さてさて、メニューはというと…

豊富で迷います!

”!”の羅列。

力強さを感じます(笑)

どれもオススメということでしょうか。

グランドメニューも美味しそう…

1000円以下というリーズナブル具合。

ありがたいです。

迷いましたが

中華の定番!!!!!

麻婆豆腐定食 \850 (スープ・お新香)

を注文しました。

ボリュームが凄いです…!!

お野菜もたっぷり。

ちなみに辛さは、辛すぎず番人受けする味です。

ご飯との相性が抜群!

自分で作ると絹ごし豆腐が崩れに崩れますが、プロは違いますね~

お米は、やわらかめがお好みの方にちょうどいい炊き具合。

お腹いっぱいになりました!

 

駐車スペースも完備しており

青梅街道を走行中でも、気兼ねなく入れますね^^

 

50年以上続いている相当な老舗ですが長年味は変わってないそうです。

しっかり継承がなされている、地域に根付いたお店ですね。

ぜひ、このご時世に負けじと頑張っていただきたいです。

 

「肉ちまき」や「焼きビーフン」がお店的にはオススメらしいので

緊急事態宣言の解除後や、機会があればディナー時にお伺いして

円卓を回しながら、紹興酒を嗜みたいものです♪

 


仲達(なかたつ)


■住所   東京都西東京市田無町2丁目22−10
■TEL    042-461-2368
■定休日  火曜日
■営業時間 11:30 - 14:00

      17:00 - 22:00

※営業時間短縮要請前の時間帯 



 

西東京のマンション情報は  → こちらへ

 

 Instagram  → @yestation_seibu

 

市内の登録マンション

会員170

一般31



友だち追加

ズバット 不動産売却に掲載中 不動産査定・売却ならイエウール
ページのトップへ戻る